針治療の効果って本当にあるの?

針治療ってどんなことするの?

針治療ってどんなことするの?

腰が痛い、腕や肩がこる、何となく調子が悪い・・さまざまな理由で針治療を受けられる人がたくさんいます。

怪我の回復や筋肉のコンディションを整えるために、針治療を行っているスポーツ選手もたくさんいるようです。

あなたは針治療を受けたことはありますか?

痛みはないのか? いくらかかるのか? 何回くらい治療を受ければよいのか?
いろんな疑問もわいてきます。

当サイトでは、針治療についてご紹介していきます。

針治療では、効果が期待できる針をツボに刺すことによって、筋肉に直接作用します。

痛みが心配ですが、針の細さが0.20mm~0.16mmと髪の毛程の細さであるため、痛みは気になりません。

針治療が初めて場合は、リラックスして治療が受けられるようにきちんと伝えましょう。

次に、さまざまなはりの方法について見ていきましょう。

針治療には、刺してすぐに抜く「単刺し」、10分~15分程度刺したままにしておく「置針」、刺した針に低周波の電流を流す「パルス針」など、いくつかの方法があります。

どの方法で治療を受けるのかは、患者の状態によって決められます。

希望にもふまえ、より効果の高い方法を選択します。

体の中は、血行が悪くなることによって、バランスを崩してしまうと考えられています。

血流を改善し、そのバランスを戻すために、針治療があるのです。

針を刺し、体の中に直接刺激を与えるわけですが、その刺激量は重要なポイントです。

検査をせずに痛いところにすぐ針を刺してしまうような治療は危険なので注意しましょう。

自覚症状や可動域(体の動き)、気の流れなどを検査し、その人に合ったツボの刺激量を決定してくれる、経験が豊富な針灸師を選びましょう。

同じ東洋医学から発生した治療法に灸があります。

もちろん、効果は医学的に証明されており、定期的に治療をうけると体の不具合は改善が期待されるでしょう。